paddy67 paters(ペイターズ) お役立ち シュガーダディ 使い方 出会い系

パパ活アプリで出会ったパパの年収チェック方法

投稿日:

相手の年収がわかれば、パパ選びは簡単ですよね。

年収が低いパパと関係を続けていても、相手が太パパになることはないので、太パパを見つけたい女の子にとっては時間の無駄です。

 

パパの年収をチェックして、パパとしても将来性があるかどうかを見極めることは大切です。

パパ活アプリで出会った相手の年収を、簡単にチェックする方法を確認していきましょう。

 

パパ活アプリのプロフィールに記載されている年収は本当?

パパ活アプリのプロフィールには年収を記載する項目がありますが、自由に設定できるため書かれている年収が正しいとは限りません。

嘘の年収が書かれているかもしれないと思うと、パパのプロフィール内容を疑ってしまいますよね。

 

パパ活アプリの中でもシュガーダディペイターズなら、年収証明書を提出する機能があります。

源泉徴収や確定申告書、納税書などの年収証明書を提出した男性には、特別なバッジがつくので一目でわかります。

 

パパの年収が気になる場合は、シュガーダディペイターズで特別なバッジがついている男性に絞って、条件が合う人を探しましょう。

 

 

アイドキさん
パパ活アプリで気になる男性に特別バッジがついていない場合は、プロフィールに書かれている職業や暮らしぶりからおおよその年収を判断することになります。

 

年収1000万円以上のパパの特徴

パパを探す基準は、年収1,000万円がが妥当なラインです。

 

年収1,000万円以上のパパの特徴は、次の4つです。

 

  1. 経営者や自営業、医師、大企業の会社員など
  2. 家賃16〜20万円の自宅に住む
  3. お手当は都度1万円〜月5万円
  4. 車は国産車やBMW、アウディなどの外国車

 

年収1,000万円といっても経営者や自営業と会社員では、お金の使い方が違います。

 

経営者や自営業者は食事代や宿泊代、家賃などを経費にすることは多いため、年収は1,000万円でも実際にはお金を派手に使う人がいます。

ただし自営業者で年商を年収1,000万円と言っている場合、1,000万円から経費や税金などが引かれて手元に残るのは月40万円ほどと、そこまで多くありません。

 

一方で、会社員の年収1,000万円は会社から支払われる金額を指すので、そこから税金が引かれて手取りで月60万円ほどです。

 

このように自営業者の年商(年収)と会社員の年収を比べると、同じように年収1,000万円と言っていたとしても、自由に使える金額は違うのです。

 

また、年収が高い人は、自分の趣味や勉強費用などにお金を使う人が少なくありません。

趣味にお金を費やしているかどうかでパパ活にかける費用が異なりますが、お手当がおおよそ都度1万円〜月契約でも5万円ほどと考えられます。

 

パパ活は女の子に渡すお手当以外にもデート費用に2万円以上はかかるので、1回のデートに3万円以上の出費が必要であり、年収1,000万円の男性にとってそこまで余裕があるわけではありません。

アイドキさん
もっと余裕のある男性とパパ活をしたい女の子は、年収2,000万円以上のパパを探しましょう。

 

年収2000万円以上のパパの特徴

年収2,000万円と聞くとセレブな生活をしてそうと想像しますよね。

実際に日本で年収が2,000万円を超えている人は、全体の0.4%しかいません。

 

年収2,000万円以上のパパの特徴は、次の4つです。

  1. 会社経営者や役員、開業医など
  2. 家賃30〜50万円の自宅に住む
  3. 愛車はベンツやポルシェなどの外国車
  4. お手当ては都度5万円〜月30万円

 

職業は会社経営者や会社役員、開業医、投資家などで、普通の会社員だと年収2,000万円を超えることはほぼできません。

 

年収2,000万円ごえのパパは都内に多いですが、都内は生活費も高額なため出費も増えます。

 

家賃には30万円〜50万円以上をあてることができ、1億円以上のマンションを購入することも可能なため、コンシェルジュがいるような高級マンションに住んでいます。

車を所有している場合は、ベンツやポルシェなど外国車の中でも高級志向の強いものを所有している傾向です。

 

ただ都内在住の高所得者は車を所有せず、タクシー移動をしている人も多いため年収2,000万円以上だからといって高級車を所有しているとは限りません。

 

年収が高額な分、パパ活で女の子に渡す金額も高くなり、都度5万円〜月契約の場合は30万円ほどで契約してもらえることがあります。

 

パパ活で相手の年収にはこだわるべき?

男性によってパパ活への価値観が異なるため、年収によって一概にお手当が高額になるとは限りませんが、年収が多いほど好条件を期待できます。

 

パパが高所得者で太パパになる要素がある男性なのかどうかは、年収1,000万円と年収2,000万円のパパの特徴に当てはまるかどうかで判断しましょう。

 

パパ活アプリのプロフィールに職業が書かれている場合、ネットで検索すると年収の目安がわかります。

仕事についてはっきりとはわからなくても、仕事内容を聞くことでどんな仕事なのかが予測できます。

 

アイドキさん
パパ活ではパパと女の子の相性が大切ですが、それ以上にパパに支援できる経済力があることが関係を続けるために重要です。

 

パパの職業や自宅の情報などから年収を予測して、効率よく太パパを見つけましょう。

 

▼あわせて読みたい

高収入パパ目線で解説!パパ活でまた会いたくなる女の子の特徴3つ

  「これからパパ活を頑張ってお小遣いを稼ぎたい!」 「パパ活でなかなか固定のパパがつかない…」   そんな風に思う女の子のために、パパ活歴●年・年収は余裕で1500万超えの高収入 ...

続きを見る

年収1500万円以上の高収入パパも登録している優良パパ活アプリ

僕がよく使うアプリはpaddy67「本日会いたい」機能がすごく便利。
アイドキさん
女の子側も、すぐにお小遣いが欲しいときにいいですね!

※アプリは不具合が多いため、Webからの登録がオススメです。

▼paddy67を使った女の子の体験談

【東京・女性】paddy67体験記!パパ活女子がどんどん移行中!?

話題のパパ活アプリpaddy67で実際に男性と出会った女性の体験談を入手しました。 関東在住のレベルの高い女の子と会いたい男性はもちろん、パパ活したい女性も必見! 会員プロフィール 性別:女性 都道府 ...

続きを見る

-paddy67, paters(ペイターズ), お役立ち, シュガーダディ, 使い方, 出会い系
-,

Copyright© iDoki , 2019 All Rights Reserved.